1610 工事写真帳の共有の仕方|工事写真のアプライドオプト<

サイトマップ
工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ 会社概要 製品情報 お申込み お問合せ リンク
 HOME>1610 工事写真帳の共有の仕方
ライン
1610 工事写真帳の共有の仕方
 
文章による操作説明
下記の操作をすれば、それ以降は、どのパソコンでも共有できるサーバー内のフォルダに
工事写真帳が保存されるようになります。
1)どれでも結構ですので、作成済の工事写真帳を開きます。
2)その工事写真帳が開いたら、画面上の"環境設定"メニューをクリックします。
3)<環境設定>画面が表示されたら、"その他"タブをクリックします。
4)"標準的な工事写真帳保存場所"の所の設定は、通常は
   c:\かんたん工事写真帳3データー
 になっています。
 これを【参照】ボタンをクリックして、例えば
   \\○\□\かんたん工事写真帳3データー
 に変えた上で、【OK】ボタンをクリックして<環境設定>画面を閉じます。
 このような操作によって、今後の新規工事で作成される工事写真帳は、どのパソコンでも
 共有できるサーバー内のフォルダに保存されるようになりました。   

上記のことを確かめたい場合は、下記の操作をします。
 ・画面上の再スタートをクリックします。
 ・<スタート>画面が表示されたら、"新規工事"を選択した上で、【次へ】ボタンをクリックします。
 ・すると、<工事写真帳作成条件指定>画面が表示されますが、その画面の中の
  "本工事のデータ保存場所"の所に、
   \\○\□\かんたん工事写真帳3データー
  と、既に入力されています。

工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ。
工事写真のアプライドオプトHOME-会社概要-製品情報-お申込み-お問合せ-リンク