200 コメント入力|工事写真のアプライドオプト

サイトマップ
工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ 会社概要 製品情報 お申込み お問合せ リンク
 HOME>200 コメント入力
ライン
200 コメント入力
 
文章による操作説明
1)本コースの説明を開始する前に"ブロック"という用語の意味を説明します。
  本ソフトで云う"プロック"とは、写真とその横のコメントとから成る塊のことです。
  標準的な工事写真帳様式の各ページには3つのブロックが配置されています。

2)各ブロックの右上端には、緑色の【間】又は【直】という名のボタンが配置
  されています。
  【間】をクリックすると、そのボタンは【直】に変わります。   
  【直】をクリックすると、そのボタンは【間】に変わります。

  【間】と表示されている場合は、そのブロックが、間接入力モードであるいうことを意味します。
   間接入力モードでは
    @コメントは直接入力することができなく、コメント入力欄を右クリックすると表示される
      補助画面を介して入力します。
    A表示されている様式は印刷した時の結果と同じです。

  【直】と表示されている場合は、そのブロックが、直接入力モードであるいうことを意味します。
   直接入力モードでは
    @コメントを補助画面を介さず、直接入力することができます。
    Aそれを可能にするために、コメント部分がデフォルメされて大きくなっており、それに
     つれて、写真の表示位置も、実際の表示位置よりズレていいます。

  直接入力モードの方が、簡単・迅速にコメントが入力できますので、新規工事写真帳を
  開いた時は、最初は各ブロックとも直接入力モードになっています。

3)表紙のページも通常は直接入力モードです。
  ですから、直接文字を入力することができます。
  但し、直接入力モードだけが優れいる訳ではありません。
  間接入力モードにも長所があります。
  間接入力モードでは文字、直線などの諸描画要素の編集作業を自由に行うことができます。

工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ。
工事写真のアプライドオプトHOME-会社概要-製品情報-お申込み-お問合せ-リンク