「かんたん工事写真帳3」を使って豆図テンプレート画像を作成|工事写真のアプライドオプト

工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ 会社概要 製品情報 お申込み お問合せ リンク
 HOME> 「かんたん工事写真帳3」を使って豆図テンプレート画像を作成
ライン
「かんたん工事写真帳3」を使って豆図テンプレート画像を作成
 
文章による操作説明
豆図2作成画面の操作要領を下記します。
なお、豆図2作成中は、黄色の背景色のアンダーガイドも表示されますので、
それも見ながら操作してください。

直線の追加要領
@【直線】ボタンをクリックします。
A描きたい直線の始点の所で左クリックします。
B一旦指を上げ、描きたい直線の終点の所で左クリックします。

なお、次の要領でも直線を追加できます。
@Shiftキーを押した状態で【直線】ボタンをクリックします。
 その操作によって直線連続追加モードになりますので、
 下記のABを繰り返して、直線を複数追加します。
A描きたい直線の始点の所で左クリックします。
B一旦指を上げ、描きたい直線の終点の所で左クリックします。
最後に直線連続追加モードを終了させるために右クリックします。

描いた直線の編集要領
■直線の上にマウスを移動すると、マウス形状が+になります。
 この状態でドラッグすると、直線がドラッグした位置に移動します。
■直線の始点や終点にマウスを移動するとマウス形状がXに変わります。
 この状態でドラッグすると、始点や終点がドラッグした位置に
 移動します。
■直線の上にマウスを移動すると、マウス形状が+になります。
 この状態で右クリックすると<直線特性設定>画面が表示されます。
 その画面で直線の色や線幅を変更できます。その画面で【複写】
 【削除】をクリックすれば、直線を複写したり、削除したりする
 ことができます。
 

折線の追加要領
@【折線】ボタンをクリックします。
A描きたい第一の直線の始点の位置で左クリックします。
B一旦指を上げ、描きたい第一の直線の終点の位置で左クリックします。
C第一の直線の終点の位置が第二の直線の始点となって、第二の直線
 が描かれ始めますので、第二の直線の終点の位置で左クリックします。
D上記Cと同じ操作を繰り返して、折線を描いてゆきます。
E最後にどこでも結構ですので、右クリックします。
 (この操作によって本ソフトは折線の追加が終了したと認識します。)

描いた折線の編集要領
折線を描いた後は、折線を構成する各直線は、それぞれが独立した直線
としての特性を有しますので、下記の要領で編集してください。
■直線の上にマウスを移動すると、マウス形状が+になります。
 この状態でドラッグすると、直線がドラッグした位置に移動します。
■直線の始点や終点にマウスを移動するとマウス形状がXに変わります。
 この状態でドラッグすると、始点や終点がドラッグした位置に
 移動します。
■直線の上にマウスを移動すると、マウス形状が+になります。
 この状態で右クリックすると<直線特性設定>画面が表示されます。
 その画面で直線の色や線幅を変更できます。その画面で【複写】
 【削除】をクリックすれば、直線を複写したり、削除したりする
 ことができます。

寸法線の追加要領
@【寸法線】ボタンをクリックします。
A寸法線の始点で左クリックします。
B一旦指を上げ、寸法線の終点の位置で左クリックします。
C<寸法>画面が表示されますので、寸法を入力後、
 【OK】ボタンをクリックします。

描いた寸法線の編集要領
描かれた寸法線は両端に矢印が付いた直線と寸法を表示した
文字とからなっています。
これらは、【直線】ボタンをクリックして追加した直線や
【縦文字】ボタンをクリックして追加した文字と同じ方法
で編集します。

矩形の追加要領
@【矩形】ボタンをクリックします。
A描きたい矩形の左上隅の位置で左クリックします。
B指を上げず、描きたい矩形の右下の位置に移動した後、指を上げます。

描いた矩形の編集要領
■描いた矩形の領域にマウスを移動すると、マウス形状が+になります。
 その状態でドラッグすると、矩形が移動します。
■描いた矩形の中にマウスを移動すると、マウス形状が+になります。
 その状態で右クリックすると<矩形特性設定>画面が表示されます。
 その画面で矩形の色や枠幅を変更することができます。
 また、その画面で【複写】ボタンをクリックすれば、矩形を複写
 することができます。
 【削除】ボタンをクリックすれば、矩形を削除することができます。
■描いた矩形の枠線上にマウスを移動すると、マウス形状が両端に
 矢印が付いた小さな直線に変わります。
 その状態でドラッグすれば、矩形の形状が変わります。

楕円の追加要領
@【楕円】ボタンをクリックします。
A描きたい楕円の左上隅の位置で左クリックします。
B指を上げず、描きたい楕円の右下の位置に移動した後、指を上げます。

描いた楕円の編集要領
■描いた楕円の領域にマウスを移動すると、マウス形状が+になります。
 その状態でドラッグすると、楕円が移動します。
■描いた楕円の中にマウスを移動すると、マウス形状が+になります。
 その状態で右クリックすると<楕円特性設定>画面が表示されます。
 その画面で楕円の色や線幅を変更することができます。
 また、その画面で【複写】ボタンをクリックすれば、楕円を複写
 することができます。
 【削除】ボタンをクリックすれば、楕円を削除することができます。
■描いた楕円の線線上にマウスを移動すると、マウス形状が両端に
 矢印が付いた小さな直線に変わります。
 その状態でドラッグすれば、楕円の形状が変わります。

一行文字の追加要領
@【一行文字】をクリックします。
A一行文字を追加したい位置で左クリックします。
B<一行文字特性設定>画面が表示されますので、文字列を入力した上で
 【OK】ボタンをクリックします。

追加した一行文字の編集要領
■追加した一行文字の上にマウスを移動するとマウス形状が+に変わります。
 この状態でドラッグすれば、一行文字が移動します。
■追加した一行文字の上にマウスを移動するとマウス形状が+に変わります。
 この状態で右クリックすれば、<一行文字特性設定>画面が表示されます。
 この画面で、文字列や色や大きさを変更することができます。
 また、この画面で【複写】ボタンをクリックすれば、一行文字を複写できます。
 【削除】ボタンをクリックすれば、一行文字を削除できます。
■追加した一行文字の周りに表示されている空色の枠の上にマウスを移動すると
 マウス形状が両端に矢印の付いた短い直線に変わります。
 この状態でドラッグすれば、文字の大きさを変更することができます。

縦文字の追加要領
@【縦文字】をクリックします。
A縦文字を追加したい位置で左クリックします。
B<斜文字特性設定>画面が表示されますので、文字列を入力した上で
 【OK】ボタンをクリックします。

追加した縦文字の編集要領
■追加した縦文字の上にマウスを移動するとマウス形状が+に変わります。
 この状態でドラッグすれば、縦文字が移動します。
■追加した縦文字の上にマウスを移動するとマウス形状が+に変わります。
 この状態で右クリックすれば、<斜文字特性設定>画面が表示されます。
 この画面で、文字列や色や大きさや角度を変更することができます。
 また、この画面で【複写】ボタンをクリックすれば、縦文字を複写できます。
 【削除】ボタンをクリックすれば、縦文字を削除できます。
■追加した縦文字の周りに表示されている空色の枠のどこかに、そこへマウス
 を移動すると、マウス形状がXに変わる所があります。
 マウス形状がその状態の時にドラッグすると、縦文字の角度が変わります。


工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ。
工事写真のアプライドオプトHOME-会社概要-製品情報-お申込み-お問合せ-リンク