小黒板電子化の操作要領(概要版)|工事写真のアプライドオプト

サイトマップ
工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ 会社概要 製品情報 お申込み お問合せ リンク
 HOME> 小黒板電子化の操作要領(概要版)
ライン
小黒板電子化の操作要領(概要版)
 
文章による操作説明
<Step1 工事写真を撮影>
1)工事現場で、IPhoneを起動し、予めインストールした無料のiPhoneアプリ「工事写真」を起動
 します。
2)黒板が表示されますので、工事名や工種名等を入力します。
3)黒板への入力が完了したら、被写体にiPhoneを向け、黒板の位置や大きさを調節した後、
 撮影します。
4)上記2)を3)を繰り返し、工事写真を必要枚数撮影します。
 すると、撮影された工事写真は本アプリによって、工種別に自動的に仕分けられ、各工種名
 が付けれたフォルダに撮影日時順で保存されます。

<Step2 撮影した工事写真をパソコンに取り込む>
5)事務所へ戻ったら、パソコンを起動し、どのソフトも起動していない状態で、iPhoneに付属して
 いるUSBケーブルで、iPhoneとパソコンをつなぎます。
6)すると、無料のiTunesが予めインストールされておれば、iTunesが自動的に起動し、しばらく
 すると、その画面の上部に□のマークが表示されますので、それをクリックします。
7)すると、その画面の左側に"App"の文字が表示されますので、そこをクリックします。
8)すると、画面の表示状態が変わりますので、右端に表示されたスクロールバーを一番下に
 下げます。
9)左側に「工事写真」のアイコンが表示されますので、そこをクリックします。
10)すると、上記2)で入力した工事名が右上に表示されますので、それをクリックした上で、
  画面右下の【保存先】をクリックします。
11)表示された画面で、パソコン内の保存先を選択の上、画面したの【フォルダーの選択】を
  クリックします。
12)以上でiPhoneからパソコンへの写真の取り込みが完了しましので、iTunesを終了します。

<Step3 工事写真帳を作成>
13)Ver2.08以上のバージョンの「かんたん工事写真帳3」を起動し、<スタート>画面で
   【iPhoneアプリ「工事写真」で撮影した写真で工事写真帳を作成】ボタン
  をクリックします。
14)<参照場所指定>画面が表示されますので、上記11)で指定した保存先のフォルダーの
   中に保存されている工事名のフォルダを選択の上、【OK】をクリックします。
15)すると、<見出し編集>画面が表示されます。
  ここには、上記2)で入力した工種名がすべて表示されています。
  今後追加する予定の工種名があれば、それらを追加します。
  工種名の表示順序を変更したいのであれば、その作業を行います。
  それらの編集作業が完了したら、【次へ】をクリックします。
16)<iPhoneアプリ「工事写真」で撮影したすべての工種の写真を、工事写真帳に自動で
   貼り付けますか?>という画面が表示されますので、そこに表示されている選択肢
      "する"
      "しない"
   のいずれかを選択した上で、【次へ】をクリックします。
17)すると、"する"を選択した場合には、iPhoneアプリ「工事写真」で撮影したすべての工種の
  写真 が、工事写真帳に自動で 貼り付けられます。

  "しない"を選択した場合には、見出しだけが、上記13)で編集した通りに変わった状態で
  ストップしますので、後は手で写真を工事写真帳に貼り付けてゆきます。
  但し、上記14)で指定した工事名が付いてフォルダの中には、上記2)で入力した工種名と同じ
  名前のフォルダがあり、それらのフォルダの中には、上記4)で既に述べた如く、自動的に
  仕分けられたその工種に属する写真だけが撮影日時順に保存されていますので、その順序
  で工事写真帳に貼りけるので良ければ、一枚一枚貼り付ける必要はなく、<写真一覧表示>
  サブ画面にある【All】をクリックすることにより、一度にすべての写真を貼り付けることが
  できます。

工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ。
工事写真のアプライドオプトHOME-会社概要-製品情報-お申込み-お問合せ-リンク