工事写真帳をCD・DVD・USBなどの記憶媒体に入れて客先に提出|工事写真のアプライドオプト

工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ 会社概要 製品情報 お申込み お問合せ リンク
 HOME>動画 >工事写真帳をCD・DVD・USBなどの記憶媒体に入れて客先に提出    
動画による操作説明

すぐに起動しないこともあります。
その場合は少しお待ちください。
   


<工事写真帳をCD・DVD・USBなどの記憶媒体に入れて客先に提出   文章による説明>

●只今より、作成した工事写真帳をCD・DVD・USBなどの記憶媒体に入れて客先に提出する方法を
  説明します。
 1)先ず<スタート>画面の"工事選択"の所で、提出したい工事を選択の上、
    【CD・DVD・USBに入れたり、電送によって工事写真帳を客先に提出する】ボタン
  をクリックします。
 2)選択した工事に属する工事写真帳が一覧表示されますので、記憶媒体に入れたい工事写真帳に
   チェックマークを付けます。
 3)この画面が表示されたら、”自動書込”が選択されているのを確認の上、【次へ】ボタンをクリック
   します。
 4)後は、ここに記載の操作をして記憶媒体に書き込みます。

●)万一自動書き込みが正常に動作しなかった場合には、今から説明する手動書き込みを行います。
 1)Cドライブの中の
    かんたん工事写真帳2データー
  を開きます。
 2)表示されたこの
    CD・DVD・USBに書き込むデータ   
  のフォルダを開きます。
 3)表示されたこの5つのフォルダやファイルを記憶媒体の中の同じフォルダに手で書き込みます。
  通常は記憶媒体のルートフォルダに書き込みますが、記憶媒体の中のそれ以外のどのフォルダ
  に書き込んで頂いても結構です。

●書き込んだ工事写真帳を閲覧したい場合は、次の操作をします。
 1)記憶媒体の中の
      autorun.exe
   をダブルクリックします。
 2)すると、このようにその工事に属する工事写真帳が一覧表示されますので、希望の工事写真帳
   を選択の上、【開く】ボタンをクリックします。
3)すると、その工事写真帳が開き、このように内蔵されている6つのタブの中の工事写真帳が閲覧
  できるようになります。
  詳しいことは
    901 「かんたん工事写真帳2ビューワ」の見方
  のコースをご覧ください。


工事写真と写真管理のソフトなら、アプライドオプトへ。

工事写真のアプライドオプトHOME-会社概要-製品情報-お申込み-お問合せ-リンク

  Copyrights (C) Applied Opt,inc. All Rights Reserved.